アイフル 審査

アイフル審査の口コミ【簡単キャッシングの方法】

アイフル審査について


アイフルの審査について

 

アイフルお金を借りるときに一番重要になってくるのは「お金を借りれるかどうか」という審査が重要になります。
 

審査とは、会社にとって貸付対象としてふさわしい人物であるかどうか、収入や正規雇用か非正規雇用かなどの勤務形態、大企業か中小企業かなどの勤務先等を独自の基準に沿って点数を付け、一定の点数を満たした申込者に対し貸付を行うことを言います。
 

アイフルでは、満20~70歳の人であれば申し込みする資格が存在し、インターネットでの申し込みで契約を14時10分までに完了すれば、即日キャッシングを受けることができます。
 

審査時間も最短30分と短いため、即日で借入できる可能性が高いと言えます。これは、自分が利用している金融機関への振込が15時に締め切られてしまうためであり、もし14時10分に間に合わないような場合は、直接店舗又は無人契約機での契約をすると、キャッシングカードによる借り入れができるようです。カードローン 今すぐ借りたい方にはおすすめです。
 

アイフルでは、アルバイトやパートの人でも融資を受けることができます。特にバイトした期間が短くても月収を12倍した推定年収でお金を貸してくれるため、比較的借りやすいということができます。
 

ただし注意が必要なのは、推定年収では年収三分の一という総量規制ぎりぎりまで借りることは難しいので、どうしても借入額は少なくなると言えます。
 
 

アイフルの審査に落ちる理由

 

アイフルアイフルに申し込んだのに審査を通らなかったと言う人もいるのではないでしょうか。アイフルの審査を通らない人には共通の理由がある場合が多く、アイフルを通らなかった場合には他社の審査も通らない可能性があります。
 

理由の中で最も多いのが総量規制に引っ掛かってしまった場合です。総量規制は貸金業法で定められた法律で、年収の三分の一以上の貸し付けを禁止しています。
 

アイフルに申し込んだ金額が明らかに年収の三分の一を超えている場合や、すでに他社に借り入れがありアイフルへ申し込んだ金額の合計が三分の一を超えている場合には、総量規制に則った判断をするため審査を通らなくなります。
 

過去に金融トラブルなどを起こしていた場合にも、審査を通らない可能性があります。トラブルの多くが返済の遅延や滞納といったもので、それを繰り返したために信用情報機関に掲載されてしまい、ブラックリスト扱いになっている場合です。
 

この場合、最低でも5年間は新たなローンの利用は出来ませんから審査を通らない可能性は極めて高くなります。返済が滞ったままなどそのままの状態ですと、全て返済し終わった後5年間となるため、その場合にはさらに長い期間審査を受けられないと言うことになります。
 
 

自動契約機を使うとスムーズに契約できます

 

アイフルでは申し込みの際に自動契約機という無人の機械を利用した申し込みが可能になっています。自動契約機のメリットは、土日でも申し込みが出来ること、対面が苦手な人でも気軽に利用できること、カードの発行がその場ですぐに出来ることなど様々なメリットがあります。
 

ネットを使った申し込みの場合でも、カード発行は自動契約機で行うことが出来ますから利便性が高いのも自動契約機の良い点です。
 

自動契約機で申し込みをする場合の審査に関しては、基本的には対面での申し込みとほぼ変わりません。対面との違いは、自分で備え付けのタッチパネルを操作して申し込みを行う必要があると言うことくらいです。
 

もし使い方が分からない場合でも、コールセンター直通の電話が付いていますからその点は安心ではないでしょうか。
 

審査にかかる時間は早ければ30分程度、長くても数時間以内には完了しますから、その日のうちに融資を受けることが可能になります。
 

カードの発行も自動契約機で行えるため、後から郵送してくると言うことも無く、すぐにカードの利用が出来るのも自動契約機ならではだと思います。
 

ただし自動契約機にも営業時間があるため、夜中に契約といったことは出来ませんので、その場合にはネットで申し込んでおいて翌日自動契約機でカードを受け取るという方法がベストではないかと思います。
 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー